LOADING

0%

戻る
進む

未来へ

インドネシアの発展と共に歩んできたこの都市開発はまだ道半ば。 関係者の熱い想いがこの街の未来を描く。

漫画を読む
双日デルタマスシティ
~インドネシア巨大都市開発物語~

双日はインドネシアで、幅広い事業を展開し、同国の発展とともに歩んできた。 そうした実績と信頼を基に、商社を含め日系企業としては最大級の都市デルタマスシティの 街づくりに双日パーソンが挑む。1996年、一人の商社パーソンが野原に立ち、 夢を描いた。しかし、その道のりは決して平坦なものではなかった… インドネシアで行われている巨大都市開発をマンガでご紹介します。是非ご覧ください。 また、「双日がインドネシアで手掛けるビジネス」は気球アイコンから確認できます。

スクロールして
町を歩く

何もない野原から、巨大都市デルタマスシティの開発構想が始動

時代はさかのぼり1996年。 インドネシアの首都ジャカルタから東へ37キロ。 広大な野原に立つ一人の商社パーソンが壮大な夢を描いていた。

漫画を読む

アジア通貨危機の困難を乗り越えて

1997年のアジア通貨危機は、インドネシアそのものを揺るがし、 プロジェクトは危機的な状況に。 どんな困難でも諦めない・・・その根底にある信念とは

漫画を読む

知的発信基地、モノづくり拠点へ

都市開発のスタートを切ったデルタマスシティ。 県庁誘致に成功した後、都市としてより大きく発展していくために 教育インフラ、工業団地をつくろうと試みる。

漫画を読む

チャンス到来、時代の波に乗る

円高、チャイナプラスワン、東日本大震災等により、 インドネシア、そしてデルタマスシティに関心が高まり、 鷹山らは大忙しに。

漫画を読む

上場、インドネシアと日本の架け橋

上場を達成したデルタマスシティは企業誘致を順調にすすめ、更に成長。 日系企業の海外進出、クールジャパン。日本の国益と インドネシアの成長に寄与するプロジェクトであると確信し更に夢を膨らませる。

漫画を読む

未来へ

インドネシアの発展と共に歩んできたこの都市開発はまだ道半ば。 関係者の熱い想いがこの街の未来を描く。

漫画を読む
双日デルタマスシティ
~インドネシア巨大都市開発物語~

双日はインドネシアで、幅広い事業を展開し、同国の発展とともに歩んできた。 そうした実績と信頼を基に、商社を含め日系企業としては最大級の都市デルタマスシティの 街づくりに双日パーソンが挑む。1996年、一人の商社パーソンが野原に立ち、 夢を描いた。しかし、その道のりは決して平坦なものではなかった… インドネシアで行われている巨大都市開発をマンガでご紹介します。是非ご覧ください。 また、「双日がインドネシアで手掛けるビジネス」は気球アイコンから確認できます。

スクロールして
町を歩く